歯のマニキュアの種類

歯のマニキュアの種類(市販、歯科医、パーマネントマニキュア)について

歯のマニキュアの種類(市販、歯科医、パーマネントマニキュア)について

歯のマニキュアの種類

本格的に白くしようと思うとホワイトニングを検討することになりますよね?でも、必ずしもホワイトニングで歯を白くできるとは限らないんです。

 

「じゃあどうすればいいの?打つ手はないの?」という人もいますけど、ホワイトニングのほかには歯のマニキュアを利用する選択肢があるんです。

 

歯のマニキュアならホワイトニングで対処できない歯も白くなるといわれていますし、なにより歯を削るということをしないので、歯を傷めることなく白く仕上げられる効果が期待できるんです。

 

ただ、歯のマニキュアっていっても、お店で売られているもの、歯科用のもの、あとパーマネントマニキュアなんてものまであるんですよ。それぞれ違った特徴がありますから、確認しておくといいですね。

 

まず、薬局やマツキヨなどのドラッグストアで売られている歯のマニキュアですけど、なんといっても手頃な価格で手に入るというのが魅力ですね。

 

塗ったあと乾燥すると固まり、膜のような状態に変わります。ツヤ出しをするもの、歯を白くするものなどがあります。

 

なお、市販の歯のマニキュア“ハニックDC”なんかもそうですが、1日しか効果がない、上手く塗布するテクニックが要るなど、難点もありますね。

 

次に歯科用のものですが、お店のもののようにツヤ出しや、白くするものがありますね。

 

塗布したあと光を照射し固める方法がとられます。なお、効果は長くて3ヶ月くらいあるそうですが、施術にあたる人の技術が見た目の印象にかなり影響するみたいですね。

 

あと、パーマネントマニキュアですが、他の種類とは違い特別な樹脂を使用し固めることになるので、数年間に渡り効果が期待できるんだとか。

 

仕上がりに関していうとムラにならないのがメリットですね。ただ、透明感が失われるというのが玉に瑕なんだそうです。

 

あと、ホワイトコートといって、プラスチックを歯の表面にコーティングすることで歯を白くする方法もあります。

 

ちなみに、歯のマニキュアもいいですが、自宅で簡単に歯を白くしたいたら、薬用トゥースメディカルホワイトのようなホワイトニング専用歯磨き粉を利用するのもおすすめですよ。

 

また、最近は審美歯科でも歯を傷つけることなく、格安で歯のホワイトニングを受けられるようになってきました。市販の歯のマニキュアを使うよりも安く済む場合もあるので検討してみましょう。


スポンサードリンク